鹿児島でハンドコミュニケーション研修!

   

ハンドリフクレクソロジー専門 講師の坂井です。
鹿児島に『ZACハンドコミュニケーション研修』
にいってまいりました!
 

今回の研修は 鹿児島県社協 老人福祉協議会様

【300人】ほどの介護のプロフェッショナルの方に参加いただきました。

全部で200以上の施設の方が参加されていたとか!目

rp_o0500037513848673823.jpg
 

講座の内容は

【現場で使えるハンドコミュニケーション】

CIMG1199
 

介護の現場の皆さんのお悩みは

「言葉がうまく伝えられない高齢者の方と

 どのようにコミュニケーションをとったらよいか」

「限られた時間のなかで寄り添ったケアをしたいけど余裕がない」

など様々。

 

そのお悩みを解決してくれるのが

「ハンドリフレ」の技術。

CIMG1203

ハンドリフレは言葉では伝えられない

体や心の痛みを手を通して感じ取ることができるんです。

 

皆さん他の高齢者施設の施設の方と

お悩みや情報も交換しながら

介護の現場でどうあるべきか、

真剣に話し合いながら取り組まれていらっしゃいました!

CIMG1191
 

講義終了後、直接参加者の方とお話させていただきましたが、

「早速、現場で取り入れたいです」

「現場でどのようにコミュニケーションをとりながら

 ハンドリフレを使ったらよいか実践してみてイメージできた」

「とても新鮮な講義の仕方で眠くならなかった」

との声をいただきました。

CIMG1223/div>

講座の内容が参加型で皆さんで

現場と照らし合わせながら

取り組める内容だったからかもしれませんね。

 

介護の現場のお悩みや状況を直接伺い

皆さん本当に大変な思いをしながら

対応されていることを改めて気づかされました。

 
今回の皆さんからのご意見を

【代表の金森】 にも報告させていただき

更に医療介護の現場でお役に立てるよう

「ハンドリフレ」を広めていきたいと

思いが強くなりました。

 

参加いただきました皆様

ありがとうございました!

 
講師 坂井泰子
 

 - 今日のハンド学院