ハンドリフレクソロジー専門学院のブログです。講師や学院の日常、健康や美容のお役立ち情報を提供しています。

ハンドリフレクソロジー専門学院のブログ

あなたもハンドリフレボランティアに参加しませんか?

ハンドリフレクソロジー専門学院では、
重度障がい児童支援施設、
有料老人ホームへ
ボランティア施術訪問も致しております
(事前の受講が必須です)。
あなたも、ハンドの力を体感すると共に
皆様を癒してみませんか?
お申込みはこちら!

自律神経と認知症

2019/03/20
 
認知症,自律神経,予防
この記事を書いている人 - WRITER -

認知症には大きく分けて2つのパターンがありますが、この内の脳血管性認知症と自律神経が深く関わりを持っています。
まずは脳血管性認知症とは何かから見ていきましょう。

・脳血管性認知症とは?

脳の認知機能が損なわれる原因が、脳内血管によるものをこのように呼びます。

例えば脳内出血の様に激しいものから、無自覚に脳内血管が詰まった状態の「無症候性脳梗塞」まで、脳は老化するにしたがって、血管を起因とする様々な症状が起きる可能性が高まっていきます。
それがたまさか、認知機能を司る部分で症状が起きると脳が損傷し、ガクッと認知機能が落ちてしまう。これが脳血管性認知症と呼ばれる症状です。

段々症状の進むアルツハイマー型認知症とは違い、脳血管性認知症はある日突然症状が進むのが特徴です。

・脳血管性認知症と自律神経の関わり

自律神経の内、交感神経が優位になっていると血管が収縮します。
血管が収縮していると、脳血管に負担がかかって脳血管症状を引き起こし、認知症を引き起こす可能性が高まると言われています。

これを防ぐためには、リラックスした状態を作り副交感神経優位な状態を作ることが必要です。

副交感神経優位な状態を作るには、睡眠や入浴等の休息は勿論、ストレッチやアロマもよいとされますが、日中の隙間の時間を使ってハンドリフレでセルフケアをされるのもよいのではないでしょうか。
クリームや場所を必要とせず、ごく短時間で施術できる、JHAでお伝えしているハンドリフレクソロジ-はご多忙中のこまめな休息の効果を倍増させてくれます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハンドリフレクソロジー専門学院のブログ , 2019 All Rights Reserved.