幸せホルモン「オキシトシン」とは? 前編:期待できる効果

2021年5月1日

oxytocin,hands,happy

こんにちは!
ハンドリフレクソロジー専門学院 事務局の小林です。

ついに再度の緊急事態宣言が出されることになりました…連休の過ごし方を迷われている方も多いのではないでしょうか。
私は早く、この事態が収まるように家で心と体のメンテナンスをしようと思っています(^^)

さて、今日はハンドリフレに関係してくる「オキシトシン」について少し、お話してみようと思います。
このホルモンはハンドリフレを行うことで分泌が促進されるそうなのです。
そして、ココロとカラダを整える効果があるようなのですが、
まずは今回「オキシトシンとはどういうものなのか?」というところからお伝えしたいと思います。

oxytocin,happy,handreflexology

そもそも「愛情ホルモン」「幸せホルモン」って???

このオキシトシンですが、主に妊産婦に影響を与えるとされてきたものなのですが、
近年の研究で、なんと「幸せを感じさせる」ものだということがわかってきたそうなんです😳

脳の中でも感情に関係する「前頭前野」や「偏桃体」といった部位と深く関わっているホルモンで、
例えば親しい相手とのスキンシップやペットを撫でたりしても分泌されると言われています。
そしてオキシトシンは別の神経伝達物質「セロトニン」を司る「セロトニン神経」に作用し、分泌を促します。
オキシトシンが増えることによって精神が安定し、それによって増えたセロトニンで
安心感・多幸感・リラックス感を感じることが出来るという仕組みです。

こういった働きからオキシトシンは「愛情ホルモン」「幸せホルモン」と言われることがあるようです。

期待される4つの効果!

この働きから、オキシトシンの分泌が増えると4つの効果が期待できるとされます!

①幸せを感じ、落ち着いた状態になる
②ストレスが軽くなる
③人を信じられるようになる
④記憶力が向上する


「えっ、幸せを感じるのはともかく、記憶力がホルモンで…?」
と、思われた方もいらっしゃるかもしれません。


私も半信半疑ではあったのですが、これは科学実験の結果、正しいと言われていることなんです。
果たしてそれは、どういうことなのか。
それは、本記事の後編にてご紹介したいと思います。

是非、ご覧ください😁