【きっかけはクリームをつけたときに流した涙】

   

『介護の仕事で高齢者の方にクリームを塗った時
 涙を流して喜んでくれたんです。
 それから手に興味を持つようになり学びに来ました』

今ハンドリフレのインストラクターを
目指して学んでいる生徒さんのきっかけ。

この話を生徒さんから伺ったとき
手には大きな力があるのだと
改めて感じました!

 

皆さんも手をそっと触れられた時、
手から伝わる温もりで、
体も心もホッと和んだことはありませんか?

手の温もりは、言葉ではなかなか伝えられない
「相手を思う気持ち」を伝えてくれます。

手を触れることで
オキシトシンというホルモンが分泌し
不安が軽減し
安心感を与えることができます。

今回生徒さんがクリームをぬった認知症の高齢者の方も
手から生徒さんの温かい気持ちが伝わり
安心したのでしょうね。

「体をほぐし、心を癒す」ハンドリフレクソロジーは、癒しの基本。

ぜひハンドの技術を身につけて、
医療・介護・療育現場で患者様・ご家族を癒してあげましょう!

皆さんと一緒にハンドリフレができることを
楽しみにしております。

講師 三上絢愛

 - 受講者の声, 未分類