幸せホルモン「オキシトシン」とは? 後編:効果の中身

oxytocin,handreflexology,trust

こんにちは!
ハンドリフレクソロジー専門学院 事務局の小林です。

皆さん、前回の記事はご覧いただけましたでしょうか?
信愛と記憶のホルモン、オキシトシン。今回は期待できる効果の中身をお伝えしてみようと思います。

順にみていきますと…

①幸せを感じ、落ち着いた状態になる
前回の記事でご紹介したように、オキシトシンとセロトニンの分泌によって心が癒され、幸せな気持ちになれます。

②ストレスが軽くなる
オキシトシンとは逆に、ストレスを感じると分泌するホルモンというものがあります。
コルチゾール・アドレナリン・ノルアドレナリン等です。
特に挙げた3つのホルモンはオキシトシンによって分泌が抑えられ「負のスパイラル」から脱する手助けになります。

③人を信じられるようになる
アメリカ・クレアモント大学院大学で行われた実験では、オキシトシンの血中濃度と相手への信頼感が変わることが観測されました。
ここから、人間不信や人見知りが強い方はオキシトシンの分泌が少ないのでは、とする説もあります。

④記憶力の向上
アメリカの神経科医トーマス・ローランド・インセル氏のグループが2000年に実験を行いました。
オキシトシンの分泌があるかないかでマウスが「他のマウスとあったことがあるかないか」
を見分けられる・られないがあると、この実験によってわかってきました。
記憶の中でも「社会性記憶」と言われる、相手のことを認識し記憶する能力はオキシトシンに関係があるとされ、
この力が強いと相手に親しみを感じやすくなり、打ち解けていくとされます。

ただ、③④はそのままだと「人に騙されやすくなる」とも言われますので、注意が必要かもしれませんね😅

handreflexology,trust,happy
学院でお伝えしているハンドリフレの技術には、オキシトシンの分泌を促す効果もあります!

  • 第一に、スキンシップ自体がオキシトシンの分泌を促すものとされます。
  • 第二に、それが「手のひら同士」で行われることで、反射区を経由し、副交感神経優位の状態になり、オキシトシンの分泌が更なる分泌を呼んでいきます。
  • 第三に、ケアする相手とのコミュニケーション(自分も含む)は、自分も相手も分泌が促されるとされます。
ここがいつでも、どこでも、誰もが出来る癒しの手技のポイントとも言えるのかもしれません。

皆さんもハンドリフレを活用して、ご自分の体と心のケアの為に活用してみてはいかがでしょうか。 
もし、ご興味お持ちいただけたらお問い合わせくださいませ。
 

出典:

橋川成美 「幸せホルモン? オキシトシンが母から子に与える影響」 https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/50/9/50_913/_pdf

有田秀穂 「スキンシップと団欒はオキシトシンを介してストレスを解消させる」(国際生命情報科学会誌 33 巻 (2015) 1 号収録)

Paul J. Zak 「高信頼性組織の神経科学」https://www.dhbr.net/articles/-/4969

Thomas Roland Insel “At NIMH, Outgrowing Jung Ideas; New Chief to Focus Studies On Genes and Neurobiology “The Washington Post 2002年11月13日号