【身近な家族だからこそ!】

   

「家族にハンドリフレをすることは照れくさいです・・・」

確かに普段身近な家族の手を触れる事は
ちょっと恥ずかしいですよね。

お子さんが小さい時は
触れることが多いかもしれませんが
中学・高校と成長していくにつれて
触れる機会が少なくなります。

ご主人にも手をふれるのは
なんだかちょっと照れ臭いし、面倒くさい。
自分の親の手も触れたことがない。
なんだかはずかしい・・・

そんなお話をよく伺います。

私もそうでした(*・v・*)

ただ、この仕事をしていると
普段会えない家族に会えた時

今どんな体調で
どんな心境で
普段元気にしているのかな・・・

できる時に手を触れてケアしてあげたい
やりかたも教えてあげたい

そんな気持ちになります。

実際私も自分の母の手を取った時
「あー気持ちいいんだねー」


と喜んでくれると
今できる時になんとかしてあげなければ
という気持ちになります。

できるときは限られています。
やってあげたい
そう思ったとき
是非恥ずかしがらずに
手をさしのべてください。

恥ずかしいかもしれませんが
意外と相手は喜んでくれるものですよ。

親孝行したい
大切な人をケアしたい

そんな方は是非ハンドリフレを
身に着けてみてはいかがでしょうか。

ハンドリフレトレーナー
三上絢愛

 - ハンドのある幸せな生活